その日暮らしでない人が、経済的に資産を形成していこうとするのは、自然なこと。

>

資産形成をする

自分のお金を活用

誰かの許可を得ないと使用できないお金だと、嬉しいことも辛いことも、共有できる楽しみがありますよね。
また、家族に内緒で投資などを行なっている方もいるでしょう。
それよりも自分のお金で、自分の思うように使って、生活できるというのは、精神的にも経済的にも自立しているというのでしょうか。
しかし、健康であればこそ、というのもありますよね。
健康に支障が出てしまうと、あれこれと出費も多くなりますしね。
また、介護が必要になったり障がい者となってしまったりと、年齢をかさねていくと、あれこれと、不安要素に終わりがありません。
自分のお金で自分の老後に心配をなくすということは、とても大切だとも思えますね。若者に頼ってばかりだと、気持ちが苦しくなるかもしれないですしね。

余剰なお金で運用

資産はいくらあっても邪魔にはならないと思うのですが、邪魔になることってあるのでしょうか。

それは、遺産争いなどに派生する事態などでしょうか。
それも、相続人同士の人間関係ですかね。

例えば、遺産分割などは、共同での資産運用会社を設立し、配当で利益を得るという方法もありますよね。そのようなことをテレビドラマで見た記憶もあります。
そのような方々は、普段から仲がようのでしょう。金持ち喧嘩せず、なんて言葉が庶民の間で話ができるくらいですもんね。
その逆に産まれながらの貧困な環境で生育していくと、諍いが多く目にすることとなるのでしょうか。
そんな環境を改善しようと、基金を設立したり、する方もいるのですよね。

遺産の一部を基金や寄付などを行うことも最近の主流となってきているようです。しかし、自分の生活に支障がないのが先決ですよね。


この記事をシェアする

トップへもどる